もしもの時に

保険への加入

人間には健康保険という医療保険制度があります。病気や怪我などの治療の際に、治療費の約3割の自己負担で治療を受けることができる制度です。 しかし、ペットにはこのような保険制度がないので、もしペットに医療保険をかけるのなら民間のペット保険へ加入する必要があるでしょう。 今の時代はペットも家族同然として暮らす方が増えています。ペットにも適切な治療を受けさせたいという考えが当たり前になっていますが、ただ、その反面では高額な治療費に悩まされる飼い主さんも少なくはありません。そこで勧められるのがペット保険です。 人間の民間医療保険と同じシステムになっているため、通院、入院、手術などあらゆる面で活用することができます。

ネットで確認

ペット保険に加入するときには、オンラインや申込用紙などで加入申し込みができます。 現在、主流なのはオンライン申込みでしょう。ペット保険会社のホームページにアクセスして、専用の申込みページから手続きをします。 申込用紙で申し込みたい場合は、オンラインや電話で申込用紙請求を受けつけているようです。また、動物病院でも資料を貰うことができるのでチェックしてみてください。 ただ、ペット保険も様々ですし、保険料、保険金、支払い条件などは異なるため、どこのペット保険がいいのか事前によく比較しましょう。ちなみに10歳〜12歳以上になると新規加入が難しくなりますので、できれば10歳位内に検討をしたほうがいいとされています。